スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサード リンク

LEXUS ミクシィ

2007.04.28(16:56)
mixi ミクシィ ミクシー
にほんブログ村 ネットブログ mixiへ
人気blogランキングへ
LEXUS レクサス ミクシィ

レクサス (Lexus) はトヨタ自動車が日本、北米、ヨーロッパ、アジア、中東、中南米、アフリカ、オセアニアで展開している高級車ブランドのコミュニティー!

<LEXUS Japan>
 ●http://lexus.jp/

<LEXUS USA>
 ●http://www.lexus.com/

<J.D.POWER>
 ●http://www.jdpa.com/NeWs/relEaSes/pressrelease.asp?ID=2006082


レクサスについて>
レクサスは、1989年にアメリカ合衆国 / 米国で設立された。北米において、重厚で威厳を放つ高級車とは、アメリカンドリームを勝ち得た「勝者のシンボル」であった。市場はキャディラックやリンカーン (自動車)などの限られた伝統的メーカーの独壇場で、例え壊れやすくとも名門ブランドの名のもとに許容されていた。しかし、そうしたメーカー都合の販売姿勢に対し、顧客の潜在的な不満は極めて高かったことを、事前調査を進めていたトヨタは知っていた。そこでレクサスでは、伝統や威厳を前提とした旧来の高級車の在り方を否定し、極めて「機能的な」プレミアムを模索した。すなわち、メルセデス・ベンツなどの高級欧州車に匹敵する高品質と、日本車の高信頼性も両立させ、なおかつ妥当な価格設定と経済性の良さ、そして最高の接客とアフターフォロー(当時のディーラーや整備工場といえば、一般的に暗い雰囲気で近寄りがたい所であった)。顧客の嗜好や価値観の変化にも着目。社会的成功を誇示するかのような、威圧的なデザインの旧来の高級車を避ける傾向は富裕層の中にも確実に存在し、名門とされてきたブランドも若年層にとっては「古臭い」と考えていることが分かった。押し出し感を抑えた日本車的デザインを継承しつつ、より上質なシンプルさに昇華させたレクサスは、まだ何色にも染まっていない新進気鋭の真新しい存在として、逆に新鮮な驚きを与えた。当時はまだ「壊れないが安物の大衆車」というイメージが強かった日本車に高級車市場への参入余地はないというのが米業界の見方であったが、発売後たちまちドイツの高級車ブランドに匹敵する地位を確立し、初年度だけで約16,300台(LS 11,600台、ES 4,700台)を売り上げた。これは、大衆車メーカーによる高級車市場参入の成功モデルとなり、日産自動車の「インフィニティ (日産自動車)」が追随、後のフォルクスワーゲンのプレミアム化路線などへの足掛かりとなった。RX(トヨタ・ハリアー)、そしてES(トヨタ・ウィンダム)は各クラスの中、群を抜いて人気が高い。
________________________
検索用ワード
レクサス・LS|LS430|LS460(トヨタ・セルシオ)
レクサス・GS|GS430/350(トヨタ・アリスト)
レクサス・SC|SC430(トヨタ・ソアラ)
レクサス・IS|IS350/250(トヨタ・アルテッツァ)
レクサス・ES|ES330(トヨタ・ウィンダム)
LX470(トヨタ・ランドクルーザーシグナス)
GX470(トヨタ・ランドクルーザープラド)
RX330/400h(トヨタ・ハリアーハイブリッド)
HPX=LF-X (SUV、レクサス・フューチャー・Xオーバー
LF-S(レクサス・フューチャー・セダン)
LF-C(レクサス・フューチャー・クーペ)
LF-A(レクサス・フューチャー・アドバンス)
LF-Sh(レクサス・フューチャー・セダン-ハイブリッド 

トピック立てはご自由にどうぞ~♪
気軽に、楽しく、交流してください!
スポンサーサイト

スポンサード リンク
<<WRC応援団mixi | ホームへ | Harley-Davidson ミクシー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
広告

カテゴリー
リンク
ブログランキング
アドバイスツール

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO
サイトマップラス
Powered by SEO対策

タググランド
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。